◎自由が丘の占い処◎透視リーディング・スピリチュアル占い・ヒーリング・オーラやチャクラ等のリーディング・西洋占星術・四柱推命・九星気学・算命学・紫微斗数・宿曜占星術・方位・数秘術・数霊術・姓名判断・手相・人相・名刺相・陰陽 納音占い・心理やスピリチュアル等の手法を用いたカウンセリング・タロットカード・トートタロット・オラクルカード・エンジェルカ-ド・アストロカード®・易・チャクラのぬりえセラピー・アロマトリートメント・チャネリングアート◎静かな環境でじっくり占える素敵な空間◎自由が丘駅から徒歩5分・トレインチ近く fortune salon NEW MOON(フォーチュン サロン ニュームーン)

星暦カフェタイム 第17回

星暦カフェタイム 第17回

auto_VEm7Bq.jpg

2月23日 満月号

23日午前3時20分頃、月は乙女座で満月となりました。
乙女座は、実務能力高く分析しながら人の役に立つことを現実にして、浄化を一番得意とする地の星座です。
太陽のいる真反対の魚座は、同じく人と寄り添う事でも、情緒的に一体化して共感していく水の星座。

乙女座が大切にしている節制や健康管理、気配り上手な面を過剰に使っている、あるいは怠っている場合、魚座にいる太陽がそれを見直す時ですよと投げかけてきます。
そして、乙女座の浄化の能力を使って、滞っているエネルギーや不要なものをそぎ落としていく得意の浄化サイクルを回し始めます。

もしあなたが今、不摂生な食事、サプリメントの取り過ぎ、人の役に立っていると感じられない仕事ふるまい、気を回し過ぎて神経が疲れている、ネガティブな人に振り回されてどんよりしている、など、なんとなく日頃感じていても離れられない事、やめられない事、やろうと思っていてもやって来なかったことがある方は、今夜を機会にその行動をやめてみましょう。

やめる=手放すこと。
やーめた!手放す!と決めれば、あとは星が後押ししてくれて浄化作用が始まり、新たに健康的なプラスのルーティンが自然にできるようになりますよ。

そして、乙女座にいる月は24日のお昼頃、滞在中の木星と角度でぴったり出会います。
これは悩んでいた問題に解決の道が開かれる時。その時に考えている事、ピンと思いついた事は、自信を持って決断して良いでしょう。
「デトックスと解決」乙女座の満月らしく現実問題への具体的な対処方法を教えてくれます。

さて、それにしても今年の2月は気温の変化が激しいですね。
先日の春のような陽気で、梅の開花も一気に進んだよう。紅梅が見事に咲き誇っていました。
目の覚めるような紅色の美しい事。かわいらしい花弁と良い香りを放つ梅。
「梅は百花の魁(さきがけ)」と言われるように、もう春がすぐそこと実感が湧き、ワクワク気分も上がります。

「花も実もある人物」という慣用句のこの「花」は、「梅」の事ではないかと言われています。
立春が過ぎ春一番が吹く前後、春に先がけて木を覆うように咲き揃い、香りもまたよく、
実れば梅の実、梅干し、梅酒となって滋養強壮、身体に良い役立つものであることから
充実した、筋の通った豊かな人物の事をそう例えて表現してきました。

昔の人は、梅干しを薬として旅に出る時は常に携帯していたそうです。
お腹の調子を整えたり、梅に殺菌作用がある事は、現代では科学的に証明されていますが、
いにしえの人もわかっていたのですね。現代も旅館で必ず朝食に添えられている梅干し。
「梅はその日の難逃れ」この言い伝えは今も日常の中に残っています。

そして、3月3日 雛祭りがもうすぐです。女の子の健やかな成長を祈り祝います。
起源は諸説ありますが、平安時代、男女問わず、穢れ落としのための行事でした。
昔の子供は様々な病気や疫病、けがなどが治らず早逝する子供が多かったからでしょう。
そのため、草や藁で作った「ひとがた」の人形にこういった穢れを移し川に流して、子の健康と
災難を祓い成長を祈った「流し雛」という行事が行われていました。現代も地方によっては続いています。

そして、女の子は普段から、現代で言う人形遊びである雛遊びをして遊んでいましたが
この「雛遊び」と「流し雛」が江戸時代の頃に合体し、この頃には川が汚れてしまうため
流すことはせず、3月3日の前からお人形を出して眺めたり愛でたりして、3日が来たら
箱にしっかりしまって穢れを閉じ込めて時間をかけて桐の箱の中で浄化させる、という形に
変わってきたそうです。

そのため、早くしまいなさい、無闇に出すと厄災が出てしまうと考えられ、
「早くしまわないとお嫁に行けなくなる」とは、方便として言われるように
なったのですね。

さて、お雛様に付き物の「桃」も浄化力が強いとされています。
桃を食べると身体の浄化、金運の浄化、また、恋愛運の浄化にもなると言われています。

中国で桃は天界の西方にある木であり、邪気を祓う仙木、仙果とし神々の食す果物とされています。
かの、西遊記の孫悟空も桃をつまみ食いして不老長寿を手に入れようとした。
つまみ食いした桃は天界の桃園での蟠桃会(ばんとうえ)というお祝い会の時です。
これは、中国で古くから信仰されている仙女・西王母の誕生会。
この誕生日が3月3日。桃の節句というわけです。

浄化の力を持つ乙女座の満月は、東洋でも女子の浄化を祈り、梅や桃といった浄化力の高い植物が咲き始める時期に重なっているということなのですね。

あなたにとっての浄化グッズはなんでしょう。
NewMoonで一緒に探してみませんか。お待ちしております。

あかり

コメント



認証コード0143

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional