◎自由が丘の占い処◎透視リーディング・スピリチュアル占い・ヒーリング・オーラやチャクラ等のリーディング・西洋占星術・四柱推命・九星気学・算命学・紫微斗数・宿曜占星術・方位・数秘術・数霊術・姓名判断・手相・人相・名刺相・陰陽 納音占い・心理やスピリチュアル等の手法を用いたカウンセリング・タロットカード・トートタロット・オラクルカード・エンジェルカ-ド・アストロカード®・易・チャクラのぬりえセラピー・アロマトリートメント・チャネリングアート◎静かな環境でじっくり占える素敵な空間◎自由が丘駅から徒歩5分・トレインチ近く fortune salon NEW MOON(フォーチュン サロン ニュームーン)

星暦カフェタイム 第35回

星暦カフェタイム 第35回

2016fall.jpg

11月新月号

陽が落ちるのが早いこの頃ですね。
今は朝6時半ではまだ薄暗く、夕方16時台でもう暮れて暗くなってきています。
これから12/21の冬至までは、一年のうちで一番太陽の力が衰える期間。

木の葉が色づきハラハラと道に舞い散る様は寂しいような、
それでいて見ていて透明な気分にさせられます
道が落ち葉で一面埋め尽くされ、色とりどりの葉が敷き詰められていて
いつもと景色が違うこの季節です。

さて、12月に入り来年の事を話しても鬼に笑われない時期になりました。
来年は「丁酉」の年(節分後)となります。

五行大義による干支の由来で丁酉(ひのととり)を見てみると
丁とは十干の4番目の干で火の弟、五行の火の性質を持ちます。

丁は停の事で、ひとつの場所にじっとしている様子を表し
去年の「丙」で万物が生長してきたものが、いったん止まり完成を見て
次の生長に備える有り様。陽気の発達が落ち着くことを意味しています。

酉はどうでしょう。十二支の10番目で金の性質。
酉は老、衰を表しており、万物の育成が極まり成熟することを意味します。
旧暦8月(新暦9月)の仲秋の頃が酉月ですが、
万物すべてが成熟してくる時期と同じ象意です。

五行の関係からすると、火と金の組み合わせで火と金は剋の関係。
火剋金は火が金を溶かしてしまうというやっかいな組み合わせです。
上下で矛盾をはらんでいます。

丁の止まったところに下から酉の熟した勢力が突き上げてくる様子
ともいえるでしょうか。
これまでの活動や発展がピークを迎え、周りから新たな力が湧きあがる
油断のならない象意といえるかもしれません。

60年前の丁酉の年を見てみると
東京都の人口がロンドンを抜き851万人で世界一になった年でした。

また、原子力の火が灯った時で原子力についての話題が複数ありました。
世界最小のトランジスタラジオ完成、トヨタの米への輸出開始など
拡大、発展の様子が見て取れます。

また、諫早の大水害や船の大きな事故などがあり、災難は大きなものになりました。

拡大発展したものは、いつか衰えていくのは自然の理でしょう。
しかし発展なくして物事は世に存在しえないわけですから
それを恐れていては何も生まれません。

丁の「完成で終了」と酉の「成熟で熟れ始め」

世界を見回してみても、強力で個性的なリーダーシップの持ち主が続々現れる予感で
世間的にも、また個人に落とし込んでみても、
自分の主張をはっきり打ち出し独立、自立、独自の道を
進んでいく人が多くなるでしょう。

新しいやり方で自主性が強くなる分、頑固にもなりそうです。
ただし、協調性がなくなってしまうと周囲と不調和となるため注意が必要です。

あなたの2017年はどんな年となりそうでしょう。
NewMoonで覗いてみませんか。

コメント



認証コード3365

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional