◎自由が丘の占い処◎透視リーディング・スピリチュアル占い・ヒーリング・オーラやチャクラ等のリーディング・西洋占星術・四柱推命・九星気学・算命学・紫微斗数・宿曜占星術・方位・数秘術・数霊術・姓名判断・手相・人相・名刺相・陰陽 納音占い・心理やスピリチュアル等の手法を用いたカウンセリング・タロットカード・トートタロット・オラクルカード・エンジェルカ-ド・アストロカード®・易・チャクラのぬりえセラピー・アロマトリートメント・チャネリングアート◎静かな環境でじっくり占える素敵な空間◎自由が丘駅から徒歩5分・トレインチ近く fortune salon NEW MOON(フォーチュン サロン ニュームーン)

星暦カフェタイム 第36回

星暦カフェタイム 第36回

night-scape-1173639_640.jpg

12月満月号

12/14は双子座の満月
今夜はその双子座から流星群も見られる双子座流星群最盛の日。

満月なので光に遮られるものもありますが、15分に1回くらいは
流れ星が見られるようです。

双子座流星群の最盛期はいつもかなり寒い時期なので、外に長くはいられません。
外で観察される際は、風邪をひかないように十分に暖かい恰好をしてくださいね。

それにしても。流れ星と満月に願い事
どちらにもいっぺんにお願いできるラッキーな日ですね☆

ちなみに12月13日は双子の日なのだそうです。
1874(明治7)年に「双生児、三つ子出産の場合は
先に生まれた子を兄姉と定める」という太政官布告がこの日に出されたとか。

その前までは、先に生まれた子が弟妹とされていたのですって。
双子座流星群最盛の時期に双子の日があるとは、偶然でしょうか。
面白いめぐりあわせの日のひとつですね。

そういえば11月25日(いいふたご)、2月5日も双子の日だそうで、
こちらはまさにゴロ合わせですね。

双子は同じ生まれ日で同じ運命なのかとよく聞かれます。
西洋占星術的には生まれた時間に4分差があるとアセンダントに違いが出てきます。

アセンダントは個人の見た目、容貌、気性を表していますので
サインの星座の変わり目だったりすると違いが出てくるといえるかもしれません。

生まれた時間に何時間か差があったとしたら、「月星座」も変わっているかもしれません。

あるいは、育っていく環境においてお母さんが二人同時に面倒を見るのは
大変ですから、誰かに子育てヘルプを頼むとします。

お兄ちゃんの担当はお母さん、弟はおばあちゃんが主に面倒を見る、など
子育てを担当する人間が違えばそこで通い合う「気」が違ってくることが
考えられるでしょう。

幼稚園や学校で隣に座ったお友達が違うだけでも、その「気」の交流に
違いが出るし、クラスが違えば先生も違い、こういった指導者の違いが
長い目で見ると差が出てくるのではないでしょうか。

しかし基本的には、描く運命の軌道は同じかと思います。
それが、高い弧を描くか、低めで推移するか、そこの違いは
いわゆる「気」で変わっていくのではないでしょうか。

占星術研究科の松村潔先生は、人の中にひそんでいる10の天体の性質の
100の可能性のうち、人は3くらいしか使ってないのではないでしょうか、と
著書に書かれています。

天体の使い方も人によるので、あと97の使い方によって違いが出るのは
当然でしょう。
おにいちゃん、おねえちゃんと言われれば、言われた分 心持ちも違うでしょうし。

実際、ひとりは結婚しているのにもうひとりはその気配すらない、という方も
いらっしゃるようですが、自分の代わりに結婚しているというふうにも
とらえられます。

なぜなら、結婚は課題ですから、課題にどう対処していくかを
もう一人が冷静に見ているともいえるかと思いますが、これは私見に過ぎません。

双子については果てしなく議論がありますので、
常に命式と重ねて観ておきたい、それこそ課題かと思います。

命式の中はいつも人の心理の神秘さが隠れています。
NewMoonであなたの命式を確認してみませんか。

コメント



認証コード5888

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional