◎自由が丘の占い処◎透視リーディング・スピリチュアル占い・ヒーリング・オーラやチャクラ等のリーディング・西洋占星術・四柱推命・九星気学・算命学・紫微斗数・宿曜占星術・方位・数秘術・数霊術・姓名判断・手相・人相・名刺相・陰陽 納音占い・心理やスピリチュアル等の手法を用いたカウンセリング・タロットカード・トートタロット・オラクルカード・エンジェルカ-ド・アストロカード®・易・チャクラのぬりえセラピー・アロマトリートメント・チャネリングアート◎静かな環境でじっくり占える素敵な空間◎自由が丘駅から徒歩5分・トレインチ近く fortune salon NEW MOON(フォーチュン サロン ニュームーン)

みこ先生の2020年10月の月占い

みこ先生の2020年10月の月占い

auto-f5Kdus.jpg

風のなかに秋の香りを感じるようになりましたね。
今年の10月は、中秋の名月で幕開けです。
まさに困難な道を歩みつづける私たちを、その光明で照らしてくださるようですね。

そのように私たちを優しく包み、さりげなく人生のお手伝いをしてくれる存在の
ありがたさを感じ入る今日この頃です。
特にお花は、いつも身近にいてくれる良き隣人ですね。

ということで…
今月は、精霊の宿るローズガーデンの薔薇たちからメッセージをいただいて占いたいと思います♪

まずは心を落ち着かせて、占いの準備をしましょう。

心の中で湖を思い浮かべてください。
そして、その水面がすーっとなだらかになるヴィジョンを描きましょう。
時間がかかっても大丈夫です。

心が落ち着きましたら
上の写真から、自分に語りかけてくれていると思う薔薇を1つ選んでください。


①黄色の蕾
寛大さを持つことが今月のテーマです。

失敗や間違いに対して、少し過敏になりすぎているようです。
一見ネガティブに思えることも、それはその時点での状況に過ぎず、
善し悪しの判断をすぐにくだす必要はないのです。
いつまでも自分の想いをそこに留まらせずに解放してしまいましょう。
わざと間違えようと思って間違える人はいません。
そう思うと、あやまちとはある意味ギフトです。
なぜそのギフトを受け取ったのかということに思考を向けてください。
他者を許し、そして自分自身を許すことで、これから紡がれていく物語を
明るく導いていきましょう。

②ピンクグラデーションの薔薇
積極的に何かに取り組むことが今月のテーマです。

何かに没頭し無我の時間を過ごすことで、自分のなかのエネルギーの質を
高めることに繋がります。
もともとエネルギッシュな方はより洗練された力になり、不調気味だった方は
バランスが調整されていきます。
何に取り組んでも構いませんが、体の芯が温かくなる感覚がするかどうかが大切です。
その時だけで終わるのではなく継続できるものがオススメです。
また取組む内容によって、スタートをきるのにピッタリな曜日があります。
コレというものが決まったら、下記を参考にして、取り組み始める日を決めましょう。

月曜日→家族や人に関すること、またスピリチュアルに関すること
火曜日→体を動かすこと
水曜日→読書や勉強に関すること
木曜日→自然に関すること
金曜日→恋愛もしくは美術・音楽に関すること
土曜日→家に関すること
日曜日→表現や仕事に関すること

③ピンクの薔薇
過去を旅することが今月のテーマです。

近々、内面を成長させる出来事を迎える予兆があります。
それは貴方にとっては大きな挑戦に感じられ、少し戸惑いを覚えるでしょう。
しかし、実は恐れることではありません。
人生に深みを与えてくれる最高の機会なのです。
せっかくの好機ですから、そのチャンスをより活用するための準備をしておきましょう。
ご自身の幼少期の写真(2〜3歳頃がベストです)をできるだけ沢山探してください。
そしてゆったりと眺めつつ、人生を巻き戻し再生するように、現在から幼少期までを
辿っていってください。
幼虫が蝶になるため、一度サナギとなるように、今までの自分を分解して
再構築するのです。
その作業をしておくことで、自ずから未来を航海するための指針が定まるでしょう。

④淡い黄色の薔薇
インスピレーションに身を委ねることが今月のテーマです。

物事を頭だけで考えがちになっているようです。
だんだん窮屈になる前に、まずは体がまるまっていないかを確認してください。
胸をグッと開いて、肩甲骨を寄せて、呼吸をしっかりと行いましょう。
息を吸うときに、空気だけではなく、地球の気も一緒に取り込む気持ちで吸って
みてください。
そしてはくときに、ありがとうございますという感謝の気持ちも一緒に届けましょう。
息をするという無意識のことに意識を向けることで、無意識の闇を照らしていって
ください。
当たり前にある存在がキラキラと光りだすはずです。
思慮深さや、自分の意見をしっかり持っていることはもちろん素晴らしいことです。
さらにそこへ、偶然や直感、何故かふっと湧いてきた気持ちをプラスしてみましょう。
それらを無視しないことで、白や黒だけではないグラデーションの妙を楽しむ余裕が
生まれます。
その余裕が、目には見えない良き存在を感じる
アンテナを磨き、世界の彩りの豊かさを教えてくれます。
自分を生かしてくれている力を感じ、勇気を出して委ねてみましょう。

⑤真紅の薔薇
見極めることが今月のテーマです。

気分が高揚しつつあるようです。
心地良いリズムに乗っているような感覚を大いに楽しんでください。
しかし、あくまでも地に足をつけたままでいることを忘れずにいてください。
調子に乗ってしまうと、他者と自分の領域が曖昧になり、良いリズムが乱れて
しまいます。
ポイントは、愛に基づいた行為かどうかです。
ただの支配欲や独り善がりな優しさを、愛と混同しないように気を付けてください。
自分が与える際もそうですが、人から受けとる
際も同様です。
これは、恋人や好きな人だけに限った話ではありません。
家族、友人、趣味の仲間、仕事関係の人などとの付き合いにおいてもです。
その人がどのような想いを抱いているのか見極められるように、いつでも心の瞳を
クリアにしておきましょう。
もちろん、真の愛は素直に受け止めてください。
しかし、違うと思えばキッパリと断ることも一つの愛情です。

⑥純白の薔薇
神話の世界に触れることが今月のテーマです。

今までの経験が結実してきています。
自分の世界が、いつの間にか大きく広がっていたのだと実感することが多くなって
いくでしょう。
そして、精神世界をより充実させるのにピッタリな時期でもあります。
古来語り継がれてきた神話を読んでみてください。
そして出来ることならば、その神話の舞台になっている土地へ実際に足を運んで
ください。
その土地の気、水、風、人、天を感じてください。
神話は難解な表現が多く、敬遠してしまうかもしれません。
確かに文字だけで神話を理解することは難しいです。
しかし、神話の舞台へ行くことで、神話が伝えていることはとてもシンプルで、
かつ実践的であると気づき、心から納得できることでしょう。
そして、神話は古のものではなく、まさに今息づいているものなのだと感じられる
はずです。

いかがでしたでしょうか?
秋が深まっていくなかで、精霊たちからの静かなエールが貴方の背中を
押してくれますように…。

ところで、心に湖を思い浮かべたとき、そこにはどのような風景が広がっていましたか?

霧がかっていたり
眩しいくらいの晴天だったり
湖の向こうに森や山や建物が見えたり
湖だけが見えた方もいたかもしれません。

湖の大きさはどうでしたか?
水は澄んでいましたか?
何か音は聞こえましたか?
風は吹いていましたか?
朝でしたか?夜でしたか?
そこには誰かいたでしょうか?

見えたヴィジョンそのものが大事なので、善し悪しを問うことはせず、
どうぞそのヴィジョンを大切にしてください。
そして、ご自身のなかに宿る精霊からのメッセージを紐解いてみてくださいね。

みこ

コメント



認証コード5055

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional