◎自由が丘の占い処◎透視リーディング・スピリチュアル占い・ヒーリング・オーラやチャクラ等のリーディング・西洋占星術・四柱推命・九星気学・算命学・紫微斗数・宿曜占星術・方位・数秘術・数霊術・姓名判断・手相・人相・名刺相・陰陽 納音占い・心理やスピリチュアル等の手法を用いたカウンセリング・タロットカード・トートタロット・オラクルカード・エンジェルカ-ド・アストロカード®・易・チャクラのぬりえセラピー・アロマトリートメント・チャネリングアート◎静かな環境でじっくり占える素敵な空間◎自由が丘駅から徒歩5分・トレインチ近く fortune salon NEW MOON(フォーチュン サロン ニュームーン)

宮崎煌大先生の2016年2月の月占い

宮崎煌大先生の2016年2月の月占い

kyuufun.jpg

こんにちは、宮崎煌大(こうだい)です。

このところ随分と寒い日が続いていますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。
私は年末年始と沖縄・台湾を巡ってきました。(写真は台湾の「キュウフン」です。)先日、その沖縄・台湾でも雪やみぞれが降るくらいの寒さですから、こういう稀な現象は占いの観点でなくとも人々の心や体に影響を与えるものだと感じます。

さて、気学のうえでは、立春(2月4日18時46分頃)から新年入りとなり、この瞬間から2016年に切り替わります。
例年と違って、この2月に起こることはこれから一年の間に起こるであろう出来事の縮図のような意味合いがあります。
直近では2007年も同様な年でした。これは9年に一度巡る、気学上の現象となります。

では順に、各星について、2月の運勢を解説していきます。

※ご自身の星を確認されたい方はこちらをご参照ください。
⇒ http://tesonote.jp/Contents/kyuusei.html

―――――――
一白水星☆彡
―――――――
努力の星、でも他人から評価を得られにくい。悩みの星、だから、体を動かすことで発散させる。
そんな一白水星は、今、高運期の頂点に入りつつあり、今年は楽しいながらもアッというまに1年をこなすことになります。1か月はその12分の1ですから、それはもう光のごとく過ぎ去ることになります。

2月、決意したことは、大きければ大きいほど、時間をかけ努力とともに大きな実を結び、結果まったく別の人生が始まることでしょう。
職場での信頼関係や評判は最高に良いです。というより、昨年辺りから良くできるだけの力が内面に備わってきているおかげで、何をするにも動きやすくなっています。元々人間関係作りが得意な星ですので、今月はさらに人間関係が整えられることでしょう。
職場や学校での恋愛(華やかな恋愛ではなく、しっとりとした隠れた恋愛)も期待してよいです。

後は、自分自身の心の問題次第。悩んだり、落ち込んだりしなければ、こういった良い状況をフルに使えます。今月は何があっても乗り越えられるほど、自分自身の運の強さに勢いがありますので、自分を信じましょう。

旅行するなら、2月下旬、南が吉。

最後に、幸運を呼び込むには、
女性なら髪を伸ばす、男性ならヒゲを伸ばす、のがお勧めです。
(但し、きちんと整えて伸ばしてくださいね。)

―――――――――
二黒土星 ☆彡☆彡
―――――――――
意志が強い、見た目とは逆で精神的にタフで頑固、技術や知識といったものを積み上げていくことが得意。
そんな二黒土星ですので、努力の積み重ねで、ここ3年ほど順調に生活が良い方向に変化してきました。しかし今月に入って、急激に速度を落とし、一時停止します。何か新しいことを始めたりするよりは現状を維持しつつ発展させてゆくのが吉。積極的に動かないほうが良い結果を生むでしょう。

2月、今月は受け身が大事。元々ナンバー2の星なのでそういった適性を持っています。秘書とかメイドとか社長付運転手とか・・のようなイメージです。人に指示だしは極力少なく控えめに。

動かなくとも周りの状況に徐々に敏感になってくる。たぶんこういうことだろうとの思考が鋭くなってくるので、必要なことだけ、口にすればうまくゆきます。
特に家庭問題に対しては基本、受け身の対応で問題が解決、再生し、そして再出発できるでしょう。

ナンバー2ではあるけれど、王様の一面があります。相手から見たら妙に目立つ。
みんなの中心にいるからまわりが良く見え、周りもあなたが中心だと認識しています。そのつもりでなかったのにと思っても周りがあなたを祭り建てます。
そして、必要だと感じた時、向こう側から物や人がやってくるでしょう。

今月中に、ここ3年で作り上げた人脈、スキル、物事に対する考え方を徹底的に見直しておくと2017年以降に実りの大きい成果が得られます。今月からは今までとは違うんだということを潜在意識に刷り込むと良いでしょう。

旅行するなら、2月下旬、東と東南が吉。

最後に、幸運を呼び込むには、
困ったら、受け身。新しく何かを始めたりするのは控えるのが吉です。

―――――――――――
三碧木星 ☆彡☆彡☆彡
―――――――――――
この星の特徴は多々あるのですが、ざっくりと・・
心は繊細、考えるより行動が先、性格が陽性で勢いがあり、動くことで体調がよくなる。
今月からは昨年とは勢いが違う。新しい発想に基づいて行動をした~い・してみた~いという気迫がものすごい。それも去年一年間のうっぷんを晴らすように。

2月、そんな三碧木星は、今月、必要以上に動こうとする。
動くのは良いが、今月の行動は高貴な感じにさっそうとこなし、落ち着いて物腰柔らかく話すようにしましょう。自分の気持ちや感情を出すよりも、相手の話や気持ちに意識を傾けるのが吉。

一人で判断して、勝手に動かないようにし、周りと歩調を合わせることを意識する。
もともと行動が先なので動く前にきちん人に説明をしないとトラブルのもとになる。
説明してから行動することを意識しましょう。

今月は、勢い余って・・・という点さえ気をつける事ができたなら、結果はついてくる。
そして、実力があれば、上への階段を上り始める。そして、目上の人からの引き立てがある。だけど実力がなければつらいだけ。
どちらになるかは、去年2015年に何をして過ごしていたかが問われるでしょう。

旅行は、2月下旬、西か東が吉。
(西か東かどちらか一方に決めてくださいね。)

最後に、幸運を呼び込むには、
宝石・絵画の所有や知識、文学・芸術等についてのインテリチックな話ができるよう知識をつけておくことが吉。

――――――――――――
四緑木星☆彡☆彡☆彡☆彡
――――――――――――
精神的な安らぎを求める星、整いの星、性格、人格、見た目、考え方・・・整い、誠実、物腰柔らかい、決意は固く曲がらない、信頼の星。そして、優柔不断な星。
去年は想定外の変化に見舞われ、これまでと違った新しい人生が展開された四緑木星が多かったことでしょう。

2月、昨年からの多少の忙しさは残しつつ、打って変わって家庭的な生活を送りはじめます。
気持ちは上向き状態で、人間関係(配偶者、実家、友人、同僚)が改善し、結果として、人間関係間のトラブルが軽くなっていきます。仕事関係よりも人間関係の月です。

そして、この2月から楽しい、楽しい、レジャーの世界に突入です。
社交性(人間関係)が大事な月で、ちょっとした心配り・気配りができるかが問われます。
皆で楽しく飲みに行くのは吉。その際も、気配りは忘れずに・・

本来、経済的に困りにくい星ですが、いつも以上に、2月は経済的に安定します。また、思いもがけないお金が入る可能性が普段より高くなります。

恋愛運(楽しい場所での出会い運)が絶好調です。ですから、楽しい場所には積極的に出かけましょう。基本、楽しい場所は吉。パーティー会場(家族、友人、皆で集まっての楽しむ食事)、飲み会、コンパ、異業種交流会は特にお勧めです。

もし、歯の治療があるのなら2月から通院開始が吉。

生活上の注意点を少し・・・
何かあっても、手は出さない。ただし、口を出すのはOK。あごひげはだめだけど、口ひげはOK。

旅行するなら、2月下旬に南東か西北が吉。
(東南か西北のどちらか一方を選んでくださいね)

最後に、幸運を呼び込むには、
何かしらの見た目の良いブローチ・イヤリング・ブレスレット・ネックレス等を身に着けるのが吉。
(宝石は向きません。安くて、とにかく綺麗なのが良いですね。)

――――――――――――――
五黄土星☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡
――――――――――――――
個性が強く、現実主義なので、占いとか、精神的な世界などにはもともと関心を示しにくい。現実的に物事を考えるから、行うことに間違いが少ない。
そんな五黄土星にとって、今年は考え方の変化を含めた物質的な変化、例えば、引っ越し・転勤・転職などが身の回りで起こる。そして自身の立ち位置や環境が大変化する一年になるでしょう。

2月、運気のとびっきり強い人はそういった年間の傾向がこの2月早々に現れる。
そうでない人は、この2月、いったんの一時停止を余儀なくされる。
多くはこのタイプで、動いても結果が出せない月になるでしょう。

夢の中でもがいているかの如く、動きずらく・結果が出ない・出せない。結果が出ない以上、問題がどんどん溜まる。蓄積し、山のようにたまってくる。が、その割には、なぜか状況は悪化はしない。流れに逆らわず、コツコツと地道に対応すれば時間と共に物事は動き出し、問題は解決に向かうことでしょう。

旅行するなら、2月下旬に南が吉。

最後に、幸運を呼び込むには、
来るものは拒まずの精神で!結果、物事が大きく・より良い方向に変化して吉となるでしょう。

――――――――――――――――
六白金星☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡
――――――――――――――――
努力の星、他人にも自分と同じ努力を求める、上に向かおうとする向上心、気位が高く本音は宝石のよう。
昨年は動いてもそれが結果になかなか繋がらなかった。一方で、運気が強い人は昨年夏頃からそんな金縛りが取れ、走り出していたことでしょう。

2月、不要なものは離れる(離れることで新しい出会いがある)、書類の束の応酬、人前に立たされる機会が増え、眩しいほどに華やかになる。

直感が鋭くなる。神がかり的な運もこの月に発現しやすい。
望む望まないに関わらず、表舞台に引っ張り出される。多方面からなぜか声がかかる月となる。また、大勢の前でスピーチする場面もあるでしょう。

この2月、人生飛躍するための環境は整っている。
この環境を上手に活用できる能力があるならば、2月から大飛躍がはじまる可能性があるでしょう。逆に活用できるだけの実力が備わっていない人(2015年に努力を怠った人)はこの機会をものにできないかもしれません。この2月は昨年をどう過ごしてきたかで結果が別れる月となります。

旅行するなら、2月下旬に東南が吉。

最後に、幸運を呼び込むには、
ここまで導いてくれた先生、上司、師匠、恩師に対して尊敬の念を抱きましょう。心が開かれていることがカギとなります。一人で物事を進めすぎないよう注意するのが吉。

―――――――――――――――――――
七赤金星☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡
―――――――――――――――――――
人の夢をかなえる星、自分本位の生き方を持っている、楽しむ心をいくつになっても持っている、人を喜ばせるのが好き・・・

昨年とは違い、急に落ち着いてきました。
隠れた力(潜在能力)をどれだけ引き出せるかがカギ、それによって、2016年以降どれだけ伸びるか決まります。

2月、人間関係の月となります。
訳もなく寂しいひと月となるでしょう。泣いてすっきりもよいかもしれません。
深い関係を意味する位置にいるだけあって、本音で物事を話すことがのちの吉を呼ぶ。もしくはそういう状態に嫌にでもなる。本音で語れるだけの心の器があれば、それは運気の強い証拠でもあります。
2月もそうですが、1年を通しての人間関係は大事にしましょう。

この時期に華麗な美しい恋は向きません。今月、恋をしている人・する人なら、華やかは残しつつもしっとりとした恋(不倫もあり)になるでしょう。

旅行するなら、2月下旬に東南が吉

最後に、幸運を呼び込むには、
人の助けを活用することが今後の飛躍のキーになります。(一人で決断は禁物)

――――――――――――――――――――
八白土星☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡
――――――――――――――――――――
離れていても目に留まる、目標を常に持っているのが、この星の特徴です。
冬山のイメージだった2015年。メンタル的にも、自身の行動についても、何かと冷やされたことでしょう。
人によっては、そのような凍てついた心境の2015年を引きずっていまだ立ち上がれずにいるかもしれません。昨年末には既に脱しています。ここは意識づけがとても大事。
2月からの一年の結果はこの意識づけにかかっていますので、早く気付けばその分先へ進める。早く気付きましょう。

2月、冬山から下山し、慣らし運転の月となります。
何か得たものでもあったかのように心身共に改善傾向となります。
結果、去年とは打って変わり、内面が変化し、本来あるべき姿に戻ることでしょう。

物事が順調に進み始め、そのおかげで忙しくなり始めています。
3月になれば、嫌でも身辺は忙しくなるから、今月はその前哨戦ということで、物事をコツコツと確実にこなすことに集中しましょう。
慣らし運転が完璧なら、今月後半にはアクセル踏んでよしです。
仕事の手順のような何かしらの一連の連なった仕組みや物などは問題点がないか今のうちに見直してくのが吉。来月はそんな余裕がなくなるから・・・

今月もそうですがこの1年は、家族内のあなたの立ち位置にも変化が起きるでしょう。
組織のナンバー2としての役割を担うかのような一年になって行きます。
2月はそんな1年のスタート月です。

旅行するなら、2月下旬に南が吉。

最後に、幸運を呼び込むには、
コツコツと地道に歩む、育成する、補佐役に徹する。そんな意識づけが吉。

――――――――――――――――――――――
九紫火星☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡
――――――――――――――――――――――
感性が鋭く、感情表現が豊か、人間関係に鋭敏、情熱家。
今年は力強く延びていく一年、勢いがある、電光石火のごとく突き進んでゆく一年です。
ゆとりのある心で明るくふるまえば、そのことが廻りを関心を呼び、あなたが組織の機関車役を果たせるよう皆が助けてくれるでしょう。

2月、新しいことを始めるのに適した月。
2月は不要なものは離れていく、結果不足したら、新しいものや人が現れる月。
前進あるのみ。それが良い結果を導くでしょう。
だから、新しいことを始めるのに最も適した月となります。

日々の生活では、響く声・明るい声で話すことが吉を呼ぶ。声を出しての会話は最重要で、この月だけは、メールや文書で伝えるのではなく直に話をして伝えるようにしましょう。それが良い結果を生むことになります。

地平線から今まさに顔を出そうとしている朝日のごとく、次々に知恵が湧き、難問でさえも解決できるでしょう。

この月、特に単独プレーは似合いません。

旅行するなら、2月下旬に西北が吉。

最後に、幸運を呼び込むには、
単独プレーを優先せず、うまく廻りの助けを受け入れることが吉。

――――――――――――
2016年1月25日22時28分
宮崎 煌大


コメント



認証コード4381

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional